オリジナルタオルの製作・請負

オリジナルタオル製作 三和タオル

オリジナルタオルの製作・請負

三和タオルでは、綿100%の自社製品にプリントを施す、受注によるオリジナルタオルを作っています。
環境への影響を少なくするための製造工程、また環境にやさしい色を使用して作っています。
綿のタオルは汚れやにおいなどを吸収しやすいですが、“思い出”も吸収します。
オリジナルタオルを作られるお客さまの想いや目的などを真摯に受け止め、タオルに表現したいと思っています。

企業のPR・販促用タオル、イベント用タオル、音楽バンド・音楽フェス、温泉、販売用タオルなど豊富な製作実績があります。

たとえば、スポーツクラブ・チームのタオルを作りたい場合

チームタオルを作りたい。疑問点への返答

クラブ・チームタオルを作りたい

ひとまず30枚タオルを作りたい。
少数からでもタオル製作可能です。ただし割高にもなりますので、デザイン面で工夫をして1~2色くらいのデザインに抑えて製作されることを薦めています。色数が多いのも派手ですが、チームタオルの場合、遠目でもしっかり伝わるように色もデザインもシンプルかつ格好良くするのが応援などにも効果的です。
必要な時に追加注文ってできるかな?
納品後、再度同じ物を1年以内なら型代不要で注文可能です(日付入りは2ヶ月)。毎年同じ時期に作るなら、ずっと型代不要でお手頃価格で作ることができます。販売製品を作られる方なら、色違いを定期的に作るとコストを下げることが可能です。
製作日数はどれくらいかかる?
製作の流れとしては、見積もり→デザインや仕様の打ち合わせ→デザインの作成(必要な場合)→資料送付→製作(約2~4週間)。寒い時期は製作期間が短くなりやすく(2~3週間内)、暑い時期は長くなりやすくなります(3~4週間)いずれにしても製作時に納品予定日をお伝えします。デザインの作成、打ち合わせ期間は希望内容によっては様々となりますので、余裕を持ってお尋ねいただけると幸いです。
価格の目安は?

プリント製品の場合、製品単価(プリント代込み)+型代(色数×型代)+袋入れの有無+300枚以下の製作手数料+送料(1ヶ口分必要:他は弊社負担)で構成されます。デザインを、たとえばスケッチやワード・エクセルで作られたイメージを元にタオルデザインデータに起こす場合は手数料をいただき請け負います。

種類がいろいろあるけど何を基準にえらべばいい?
タオルは元々用途によって向き不向きがあります。その中にはもちろん、価格もあるし、厚さもあるし、長さもあります。例えばチームを応援する目的や、皆で団結力を見せる場合、マフラータオルが向いています。皆で首から掛けたりフラッグとして使ったり、対戦相手に与える影響は案外大きかったりします。一方で企業の販促にはマフラータオルよりも、他のタオルの方が向いていたりします。用途によって分けるのが、厚さのみで選ぶよりも後々良かったりします。分かりにくい面もあるかと思いますのでご相談いただければ幸いです。
ユニフォームに入っているロゴを使いたい。データとか無いけどどうすれば?
ユニフォームの写真を正面から撮って送ってください。その際、出来るだけ歪みの無い正面からの写真の方が再現性が良くなります。その写真を元にしてこちらでデザインの校正を行います。タオルのデザインイメージがあれば、スケッチなどで伝えていただくとそれを元に校正を行います。スケッチもユニフォームと同じくスマホで写真を撮って送ってください。
仕上がりを確認出来る?
製作前の打ち合わせで、事例サンプルを送ってタオルのイメージをつかんでいただいています。またデザインを作る人に色の再現性についてお問い合わせを受けますが、事前に色チップ(タオル素材上の色チップ)で打ち合わせを行います。これによって仕上がりをイメージしていただくことが出来ます。この流れは基本的に製作の一環として行っています。また有料で1枚製作して確認いただくことも可能です。この場合は1枚製作受注という形を取らせていただいています。
1枚づつ包装してほしい。
1枚づつポリ袋入れ、箱入れ、包装、のし巻きなど承っています。数枚づつで束にして、配送の際、極力型崩れしないように丁寧に袋詰め行っています。熨斗は上書き下書き記述対応。販売製品用の加工なども承っています。

量産、カタログ製品製作、定番販売製品の請負

販売品やカタログ製品、店頭定番品も数多くの製作実績があります。フェイスタオルサイズからは300枚から価格が安定し、500枚、1000枚から割安になっていきます。定番製品の場合、300枚くらいでまわされる事を薦めています。袋入れや同梱入れなども相談により行っています。

タオル素材に関して

総パイル地の素材はもちろん、シャーリング素材、ガーゼ素材を織っています。シャーリング素材は主に自社でプリントする専用素材として織っています。サイズはタオルハンカチ(約20×20cm)、ハンドタオル(約32×36cm)、フェイスタオル(約33×84~93cm)、スポーツタオル(約40×110cm)、マフラータオル(約21×110cm)、バスタオル(約60×120cm)、大判バスタオルが主な仕様としています。手ぬぐい素材の用意もあります。

プリントに関して

弊社は自社内でプリント加工を行っています。排水処理などの環境負荷が少ない顔料素材をベースに、こだわりを持ってタオルにプリントを行っています。
京都KESステップ1取得。
アミン規制対応。